時々目にすることがある「筆跡占い」の当たる確率ってどのくらいのものなのでしょうか

「筆跡占い」というのをご存じでしょうか。筆跡占いとは、その人の筆跡によって、だいたいの性格・気質がわかるというものです。たしかに、筆跡は人によって千差万別で、個性にあふれています。字の上手・下手ということだけでなく、ゆったりした字や、チマチマ・コセコセした字、ぞんざいな感じを受ける字など、なんとなく性格を感じさせる要素があります。

筆跡占いには見るポイントが様々あるようですが、たとえば字の大きさや筆圧、また線と線とのつながり部分がきちんと閉じているか、あるいは間隔があいているか、などを見るようです。健康でパワーにあふれた人は、筆圧もしっかりと強いでしょうし、几帳面に書かれた字を見れば、細やかな気配りもできるだろうと想像ができますね。

私がかつて知り合った女性は、見た目はとてもおっとりとした感じで、声もふんわりと優しく、お嬢様のような雰囲気を持っていました。どちらかといえばせっかちでサバサバした性格の私は、「こういう人とはタイプが違うから、あんまり親しくはなれないだろうな…」と思いました。

ところが、彼女が書いた字を初めて見たとき、ちょっと驚きを感じました。第一印象の”ふんわりした感じ”とは違い、しっかりとした筆圧で、勢いのある筆使いというんでしょうか。ていねいできれいな字であるだけでなく、どこか、キリッと芯の強さを感じさせるような字だったのです。

何度か顔を合わせることが続くうち、彼女の性格がわかってくると、その筆跡の通りであったことがわかりました。見た目通りおっとりとして優しいけれど、自分の意志をしっかりと持ち、何か大事なことを決めるときには的確な意見を出してくれる人でした。

自分の仕事はきちんとこなし、人への気配りも忘れず、とても尊敬できる女性で…。それから長いこと、親しくさせていただいています。彼女から学ぶことが、たくさんあります。やはり筆跡は、その人の姿を如実に表すのかもしれません。きちんとした字を書きたいものだと、しみじみ思います。